粘着テープの経日変化

テープに関するお悩みを解決します、ハルイチの特集・お役立ち情報。こんなお悩みがありませんか?
今回のテーマは「粘着テープの経日変化」についてです。具体的な現象と、その解決策をご紹介いたします。

粘着テープの経日変化

こんなお悩みありませんか?

時間が経つとテープが変色・変形、テープがはがれる

粘着テープは、使用前の保管環境や貼った後の環境により、変形・変色などが発生します。
ご使用前には適切な保管環境で管理いただき、またご用途に合せたテープの選択によりトラブルを未然に防ぐことも可能です。

テープ保管時に変形してしまう

粘着テープの支持体である基材フィルムの中には、温度や湿度の変化により伸縮しやすいものがあります。
特にビニルテープやOPPテープは、温度・湿度の急激な変化や時間の経過とともに縮む傾向があります。
レコード状に巻いたテープの基材が縮むと内側に力が集中し、逃げ場の無いテープ芯が飛び出してしまい、
テープが傘状に変形することがあります。(業界用語では、その形状から「タケノコ」と呼んでいます)
なるべく温度・湿度環境変化の少ない場所で保管ください。
どうしても変形しやすいテープは、テープ側面に板を置き、重しをするのも効果的です。

テープ保管時に変形してしまう

テープの保管方法

  1. 1.なるべく温度・湿度環境変化の少ない場所で保管。
  2. 2.変形しやすいテープは、テープ側面に板を置き、重しをすることも効果的。

貼った後、粘着剤が変色する・はがれてしまう

壁などに貼ったセロハンテープは、長い月日が経つと黄色っぽく変色し、はがれてしまうことがあります。
これは粘着剤が劣化し、くっつく力を失ってしまったことによります。粘着剤は熱や紫外線により劣化していく傾向にあります。
しかし、熱や紫外線に比較的強いテープもあり、事前にそのようなテープの選択をすることで、より長持ちさせることができます。
お客様のご使用条件により、最適なテープをご提案致します。

貼った後、粘着剤が変色する・はがれてしまう

ポイント

  1. 熱や紫外線の影響を受けにくいテープ選定が重要。

お問い合わせ・見積相談はこちら

お探しの商品は見つかりましたか? 専門スタッフが、3,800点を超える製品から最適な1品をご提案します。

印刷や特殊な素材、サイズなどオーダーメイドのご相談、お取り扱いロットに応じた卸価格のご相談など、様々なご相談を承ります。

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせの流れ

お電話でのお問い合わせ
0120-81-3363 受付時間 平日9:00~17:30