残った粘着剤・テープのはがし方

テープに関するお悩みを解決します、ハルイチの特集・お役立ち情報。こんなお悩みがありませんか?
今回のテーマは「残った粘着剤・テープのはがし方」です。粘着剤の特性を知ることで、効率よくテープをはがすことができます。

残った粘着剤・テープのはがし方

こんなお悩みありませんか?

テープをはがしたら、テープや粘着剤が残った

しっかりくっついたテープは、はがした時に残ることがあります。
この、残ってしまった粘着剤やテープをはがすのは、とても難しい作業です。
はがし方についてはテープや貼る相手により様々ですが、その一部をご紹介致します。
※ご紹介する方法は、粘着剤が必ず除去出来る事を保証するものではございません。
また、場合により貼る相手(被着体)を破損する恐れがあります。
実際の作業はご注意の上、少量ずつ作業されることをお勧めします。

同じテープでピッキング

残ってしまったものと同じテープでピタピタと貼ったりはがしたりを繰り返します。
同じ粘着剤どうしはくっつきやすい特性があるので、何度もピタピタと繰り返せば、残った粘着剤を除去しやすくなります。
※アクリル系粘着剤(自着力の弱い)を使ったテープには不向きです。
※作業の結果、逆に糊が相手に付着する事がありますのでご注意ください。

同じテープでピッキング

はがし方のポイント

  1. 同じ粘着剤のテープでピタピタくり返し、残った粘着剤を取り除くことができます。

温めてはがす

ゴム系粘着剤を使用したテープが残ってしまった場合は、ドライヤー等を使い、熱をかけることも有効です。
粘着剤の主材料であるゴムが熱で柔らかくなり、比較的容易にはがすことが出来ます。
※アクリル系粘着剤など、熱に強い粘着剤を使ったテープには不向きです。
※テープを貼る相手(被着体)を熱で破損させないようご注意ください。

温めてはがす

はがし方のポイント

  1. ゴム系粘着剤は、熱をかけて粘着剤を柔らかくし取り除くことができます。

溶剤で拭き取る

多くの粘着テープの粘着剤は、溶剤を使用しています。
残った粘着剤を除去するには、市販の溶剤(粘着剤の除去剤)を使用し、粘着剤を柔らかくしながら除去することもできます。
※溶剤でテープを貼る相手(被着体)を破損させないようご注意ください。
※溶剤使用時は、換気など周囲の環境にご注意ください。

溶剤で拭き取る

はがし方のポイント

  1. 市販の溶剤(粘着剤の除去剤)を使用して、粘着剤を柔らかくして取り除くことができます。

お問い合わせ・見積相談はこちら

お探しの商品は見つかりましたか? 専門スタッフが、3,800点を超える製品から最適な1品をご提案します。

印刷や特殊な素材、サイズなどオーダーメイドのご相談、お取り扱いロットに応じた卸価格のご相談など、様々なご相談を承ります。

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせの流れ

お電話でのお問い合わせ
0120-81-3363 受付時間 平日9:00~17:30