粘着テープの構造・なぜくっつくのか

テープに関するお悩みを解決します、ハルイチの特集・お役立ち情報。こんなお悩みがありませんか?
今回のテーマは「粘着テープがなぜくっつくのか」。テープの構造、くっつく原理など、基礎的な部分をご紹介します。

oyakudachi_structure_01.png

こんな疑問はありませんか?

粘着テープの構造・なぜくっつくのか

普段、気軽に使う粘着テープ。でも実は奥が深いのです。
ここでは、粘着テープの構造や、そもそもなぜ相手にくっつくのかなど基礎的な部分をご説明します。

粘着テープの構造

本題の前に、まず粘着テープの構造です。粘着テープは、主に基材と粘着剤で構成されています。
また、そのテープをより使いやすくするため、下塗り層や背面処理層を設けているタイプもあります。
両面テープは、基材を中心に両側に粘着剤を塗布しており、その表面をセパレータで覆っています。
使用される用途により、基材や粘着剤、その他の構成が決まります。

粘着テープの構造

テープの基本構造

  1. 1.粘着テープは、基材(支持体)と粘着剤で構成されています。
  2. 2.下塗り層や、背面処理層を設けているタイプもあります。
  3. 3.両面テープは、基材を中心に、両側に粘着剤が塗布してあります。

粘着の3要素:①近づける

モノとモノがくっつくには、まずそれぞれを極限まで近づけることが重要です。
一見、平滑に見える被着体も、微細に見れば細かな凹凸があります。
その凹凸にテープの粘着剤をしっかり近づけることが、くっつくことへの第一歩です。
貼った後のテープ背面を手でなでる(感圧する)だけでも、粘着力は格段に上がる傾向があります。

粘着の3要素:①近づける

ポイント

  1. 1.モノとモノを極限まで近づける。
  2. 2.貼った後のテープ背面を手でなでる(感圧する)。

粘着の3要素:②なじむ

ふっ素樹脂に水を垂らすと弾くように、モノとモノには相性があります。
材料どうしの相性で、お互いに弾き合ったり・よくくっついたりと様々です。
また、粘着剤の種類によってもなじむ・なじまないという差が発生します。
テープを貼る相手(被着体)によくなじむ粘着剤=テープを選ぶことでくっつき具合は大きく向上します。

粘着の3要素:②なじむ

ポイント

  1. 1.モノとモノには相性があります。
  2. 2.粘着剤の種類によってもなじむ・なじまないという差が発生します。
  3. 3.テープを貼る相手(被着体)によくなじむ粘着剤=テープを選ぶ。

粘着の3要素:③変形に耐える

例えば、ガラス(表面に微細な凹凸)とガラスの間に水を垂らし重ねると、2枚のガラスははがれにくくなります。
しかし、横にずらすと簡単に外れてしまいます。いくら近づき・なじみが良くても、変形に耐える力が無いと簡単にはがれてしまいます。
粘着剤には、貼りついた後にはがれようとする力に耐えることも必要なのです。

粘着の3要素:③変形に耐える

ポイント

  1. 変形に耐える強度も重要です。

最適なテープの選択とトータルコスト

実際に使用される被着体や環境、ご用途に求められる機能に最適なテープを、多彩な基材と粘着剤の組合せの中から選択していきます。
一度不具合を起こしてしまうと、返却・検査・修正又は再生産・再発送と、時間的にも費用的にもトータルコストは上がってしまいます。
用途・用法にあったテープを選び、事前に十分評価の上で使用したいものです。
当サイトでは各種テープのサンプル対応も行っています。是非ともご用命ください。

ポイント

  1. 1.使用状況に合った最適な選ぶことが重要です。
  2. 2.使用前には、十分な評価が重要です。

お問い合わせ・見積相談はこちら

お探しの商品は見つかりましたか? 専門スタッフが、3,800点を超える製品から最適な1品をご提案します。

印刷や特殊な素材、サイズなどオーダーメイドのご相談、お取り扱いロットに応じた卸価格のご相談など、様々なご相談を承ります。

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせの流れ

お電話でのお問い合わせ
0120-81-3363 受付時間 平日9:00~17:30